本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 011-242-0110

〒060-0001 札幌市中央区北1条西5丁目4

署長あいさつ




中央警察署長 長野 利和(ながの としかず)
中央警察署長 長野 利和(ながの としかず)



 盛暑の候、管内市民の皆様にありましては如何お過ごしでしょうか。

 先月は、5日(水)から9日(日)までの5日間、「第28回YOSAKOIソーラン祭り」が開催され、国内外を問わず多くの観光客が来札し、それに伴う交通規制、会場周辺における制服警察官等による警戒警備により、管内住民の皆様にはご不便・ご迷惑をおかけいたしたことと思いますが、大きな事件・事故の発生も見ることなく無事終了いたしております。
 また、同祭典の前段、3日(月)から翌4日(火)には、事前対策として、薄野地区における制服警察官の多目的警戒活動による各種犯罪の未然防止と、暴力団対策、少年補導、風俗店等への立入りと違法風俗店の取締りにより風俗環境の浄化を図ると共に、暴力団が関与する客引きの取締り・排除活動及び違法駐車等迷惑性・悪質性の高い違反の取締りを実施し、一定の成果を見ております。
 いずれも、多くの皆様のご理解・ご支援をいただいた結果と感謝しております。この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。

 それでは最近の当署管内における治安情勢等についてご説明させていただきます。
 窃盗、強盗等刑法に触れるいわゆる刑法犯認知件数は、令和元年5月末、831件であり、前年同期比で135件(19.4%)の増加を見ております。
 この増加の要因となっておりますのが、これまで同様に空き巣等の侵入盗や車上ねらい、万引きの多発であることから、当署といたしましては、あらゆる機会を捉えて犯罪の発生実態・防犯施策等について、情報発信をきめ細かに行い、抑止に努めていくこととしております。
 次に、人身交通事故の発生状況でありますが、昨日(6月30日)現在で205件、前年同日比で-70件と減少しておりますものの、前回もご説明のとおり4月中2件の交通死亡事故が発生しております。
 当署といたしましては、各種啓発活動等の施策、悪質違反に重点を指向した指導・取締の徹底により、交通死亡事故の絶無を目指してしっかりと取り組んでまいる所存であります。

 例年、7月から8月の児童・生徒の夏休み期間は、開放感から少年の性非行・性被害が増加する傾向にあり、また、深夜一人歩きの女性を狙った性犯罪が多発するなど、治安的には平素に増して注意を要する時期といえます。
 加えて、全国的には、先々月、神奈川県下における多数の児童等を被害者とする通り魔的殺傷事件や埼玉県下においては、路上に横臥していた男性が、声掛けした警察官に突如刃物で襲い掛かろうとし制圧された事件等社会的反響の極めて大きい、しかも模倣性の強い事件が連続発生しており、予断を許せない情勢が続いております。

 国内外を問わず多くの客が集う当署管内、特に薄野地区においては、いつ同種の事案が発生したとしても全く不思議ではなく、過去には、当署管内において、被害規模の相違はありますが、類似事案が発生しており、警戒強化について署員に強く指示しているところであります。
 このような状況下、管内住民の皆様の安全・安心確保のため、署員一同管内の治安維持のため、専心取り組む所存でありますので、引き続き皆様のご支援等を賜りますようお願い申し上げます。

   


令和元年7月
札幌方面中央警察署長
長野 利和

バナースペース

札幌方面中央警察署

〒060-0001
札幌市中央区北1条西5丁目4

TEL 011-242-0110